【開催報告】第7回会長サロン (平成30年(2018)11月9日(金))

当協会の法人会員代表者の皆様と、

三村会長、西尾副会長を囲んでの懇談会「会長サロン」。

今年度で第7回目を迎えて、11月9日(金)11:00~13:00、

芝パークホテルにおいて開催いたしました。

 

当日は会長、副会長をはじめ、法人会員14社15名の方々にご出席いただき、

協会からは、井上理事長以下10名の理事が出席。

 

冒頭、三村会長からは、

「来年7月で当協会は設立50周年を迎えます。

 皆さんに支えられての50年はとてもありがたいことではありますが、

 日本には100年を超す会社が約5万社あると言います。

 時代とともに環境も大きく変わる中で、

 やはり常に新しいことを考えていかなくてはいけない。

 50周年に向けて委員会を立ち上げたので、

 今日は、皆さんからもぜひご意見をいただきたい。」

 

続いて井上理事長からのご挨拶の後、はじめに現在の活動状況の報告が行われました。

広報誌(Vol145)に添って今年度の活動内容の説明があり、

一部、映像での紹介のあと、各事業委員会の委員長から補足の説明が行われました。

 

次に、50周年に向けて発足した「NEXT50委員会」から、

現在の委員会活動と、協会の歴史および協会の概況全般について説明が行われました。  

 

三村会長から、ご出席者おひとりづつにご意見を求め、

皆さんから、数々の貴重なご意見をご提供いただきました。

 

その中で、アトラ株式会社の久世(きゅうせ)社長様(当協会理事)から、

次の50年に向けたご提案が紹介されました。

キーワードは「つなぐ」。

学生・若者・大賞受賞者・会員企業そして地方への展開など、

現在の事業を通して生み出される一つ一つの財産を、

もっと有効につないでいくべきでは?というご提案でした。

 

昼食をはさみながら、ご意見の交換が弾み、

最後まで貴重なご意見をいただくことができました。

皆さまからのご提案を十分に受け入れさせていただいて、

新しい50年のスタートを切ってまいりたいと思います。

 

冒頭、ご挨拶をされる三村明夫会長

井上理事長

会合風景(芝パークホテル・ローズ)

お食事をはさみながらも話題は尽きません