【開催報告】第29回異業種交流研修会(5月14日(月))

通算第29回目となる「異業種交流研修会」を、

2018年5月14日に、東京・丸の内にあります

東京海上ホールディングス本社会議室を

お借りして開催いたしました。

会員企業の幹部社員を初め、

50名を超す参加者を集めて行われました。

 

今回の講師には、

東京海上ホールディングス(株)

代表取締役社長 永野毅様をお招きして、

「東京海上グループの挑戦

 -日本発のグローバルGood Companyを目指して-」

と題して、大変熱のこもったお話をお伺いいたしました。

 

ご講演では、

・東京海上グループの概要

・グループ一体経営

・人材育成

について、同社の、とりわけ永野社長ご自身の、

信念・理念に基づいた経営のあり方が紹介されました。

 

 

そして最後のテーマに、

・To Be a ”Good Company”

 -経営で一番大切なことー と題して、

次のようなお話がありました。

 

 ①Look Beyond Profit

  仕事の目的を常に考える。

  目的、それは決して「金儲け」

  ではない。

  →「会社にとって利益は空気のようなもの。

      それがなくては死んでしまうが、

      人は空気を吸うために生きているわけではない」

     (ベン・ホロウィッツ)

  我々の目的、それは「お客様、地域社会

  の”いざ”という時に役に立つこと」。

  常に「世の中をどう変えたいか」を

  考えることだ。

 

 ②Empower Our People

  すべての原動力は「人」にある。

 

 ③Deliver On Commitments

  約束はきちんと果たすこと。

  

この3つのサイクルで「Good Company」を目指す。

これは、世界中の社員にいつも語っていることである、

と話されます。

 

そして最後に、グローバル経営においては、

 ①ダイバーシティ(多様性) → 遠心力

 ②コアアイデンティティ(共通の目的意識、理念、思い) → 求心力

この2つが、そろって強力であることが大切であると話されました。