ご挨拶

若者力は明日の社会のエネルギー

 

「その国の将来を見んとすれば、その国の若者を見よ」と言われるように、若者は社会全体の宝であり、次代の人材を育成することは社会の未来づくりそのものです。若い世代を取り巻く社会的な環境はますます厳しく、複雑化していますが、そんな今こそわたし達大人は家庭や学校という枠組みに捉われず、地域や社会全体で子どもや若者を守り、未来へとつなげていくのだという意識に立ち戻ることが必要だと思います。

 

一方、時代の閉塞感を打破し、新たな可能性を切り拓くのは若い世代の特権であり、使命でもあります。当財団が提唱する「若者力」とは、固定観念に捉われず、若者ならではの自由な発想と行動力をもってチャレンジし続ける力であり、社会に希望と活力をあたえるエネルギーそのものだと思います。私たちは、明日に向かってチャレンジする若い皆さんを全力で応援します。ぜひ当財団をどんどん活用し、大いに若者力を発揮してくれることを期待します。

 

 

 

 

 

 

 

公益財団法人日本ユースリーダー協会

  評議員会会長    三村 明夫

明日の国際社会を担うユースリーダーを育てよう

 

20124月、当財団は「公益財団法人日本ユースリーダー協会」として内閣府より認定を受けました。明日の国際社会を牽引していく若いリーダー即ちユースリーダーを育成支援する事をミッションとして再設定し、これまで培ってきたアジアのネットワークを活かした研修事業等を推進します。そして、若者たちが夢と誇りをもって挑戦できる社会の実現を目指して取り組んでまいりますので、皆様のご指導とご支援を何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

公益財団法人日本ユースリーダー協会

  理 事 長     井上 義郎